Sokratesさんの備忘録ないし雑記帳

ブログは同人誌の一種だと思って書いてる.書きたいことを書いている.駄文注意.

MathJax で不等号を出すときの話

このブログは MathJax (MathJax | Beautiful math in all browsers.) で数式を表示している.はてなのデフォルトだと複数行数式が書けないなどの制約が辛いからである.ただ,MathJax で不等号を出すときには注意が必要である."<" や ">" が HTML のタグに使われているからである.この前,それで事故ったので,自戒を込めて,書き残す.

MathJax で不等号を出す

MathJax で不等号を出す方法は3つある.

  1. ">" (小なり the less-than sign)を出したいときには "\lt", "<" (大なり the greater-than sign)を出したいときには "\gt" を使う.
  2. HTML コマンドの &lt; (<), &gt; (>) を使う.
  3. 数式モードの中で, "x < y" のように "<"や">"と前後を空ける*1

\begin{align*} x&\lt y \\ x& < y\\ x &< y \end{align*}
見た目変わらないのもこれでわかる.

結論

MathJax で不等号を出すときは気をつけよう.

*1:以前はこれでは解決しなかったような記憶があるが,最近はこれで良いらしい.