Sokratesさんの備忘録ないし雑記帳

思考の流し台. 駄文注意.

数学する身体を読んで

数学する身体を読んだ。

内容は次のように表現できる。

 

マンガ おはなし数学史 : これなら読める!これならわかる! (ブルーバックス)
 

 

異端の数ゼロ――数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

異端の数ゼロ――数学・物理学が恐れるもっとも危険な概念 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)

 

 

ゼロから無限へ―数論の世界を訪ねて (ブルーバックス)

ゼロから無限へ―数論の世界を訪ねて (ブルーバックス)

 

虚無

春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)

春宵十話 随筆集/数学者が綴る人生1 (光文社文庫)

 

 

数学の認知科学

数学の認知科学

 

(2020/8/30 追記 この本の「身体化された数学」という単語を借用している可能性あり。元の意味と同じかは『数学する身体』の中で定義されていないため不明。) 

 

これらを百倍に薄めたもの。

おしまい。

 

それよりも次の本を読んだ方が勉強になるしおもしろい。または薄める前のものを読むと良い。

カッツ 数学の歴史

カッツ 数学の歴史

 

 

数学の歴史 (放送大学教材)

数学の歴史 (放送大学教材)

 

 

数学を哲学する

数学を哲学する